自分の名前は自分のアイデンティティ

自分の名前


自分の名前は、最大のアイデンティティであり、

自分の名前を書くという事は、自分という人間に責任を持つということです。


自分の強みや才能が表れるから、自分の真ん中にドンと置いてほしい。


会社のためや家族のために、役割を持つことも大事なことですが、その肩書きに頼ったり、子どもの名前の陰に隠れていると、いつの間にやら自分という人間が、曖昧になっていってしまいます。
肩書きはいつかなくなるものだし、子どもが大きくなったり会社を退職したら忘れられていくものです。
 
 
 

自分の名前は、他の誰とも交換することはできない、唯一無二の存在です。



40代・50代のママの活躍を応援!ペン1本で悩みやストレスが軽くなる簡単な方法♪筆跡改善 ライフスタイルキュレーター☆鎌田美智子

書かれた文字の一つ一つの特徴を心理学的に分析し、書いた人本来の性格や考え方、行動の傾向を分析する筆跡診断。筆跡にはその人の深層心理がはっきり表れるので、自分では気付かない自分を知ることもできます。 この診断に基づきあなた自身のための良い運気を呼び込む『しあわせの開運美文字』への筆跡改善をアドバイスします。 筆跡を『しあわせの開運美文字』へ改善することは、【最幸】の自分を引出すセルフケアです。